海の博物館創立40周年記念 

特別展『日本列島海女さん大集合』

会期 2011年10月1日〜2012年1月15日
場所 海の博物館 特別展示室 


沿岸漁村、漁業の再興をめざして

 いま漁村と漁業は元気さを失いかけています。

 魚介藻類の資源が減ってしまったからだといい、乱獲と海の汚染

を原因にあげることが、ほとんどです。それも事実です。

 しかし、さらに深刻なのは、若い後継者が漁村に少ないことです。

「漁業はサラリ−マンと比べて“不安定”だから」と、一時、海女

たちも自分の子を都会へ送りだしました。でも、ほんとうに漁業は

“不安定”だからダメなのでしょうか。

 元気な海女さんの姿をよく見てください。

 春にはワカメやヒジキを採り、夏から秋にはアワビやサザエを獲

り、冬にはナマコを捕っています。海には年によって漁、不漁があ

ります。また漁のない季節には陸仕事があります。海女さんたちは

どんな仕事でも元気にこなす万能選手です。“不安定”どころか、

一年を通してみると安定しているから、海女は何千年も続いてきた

のです。

 海女さんは「海が好きだから」、自身は決して漁村を捨てません。

人間が誰にも命令されず、大切にされ、自然とともに暮らす漁村社

会の要(かなめ)を海女さんは担っているのです。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1:海女さんの歴史
       潜りつづけて1万年

「鮑取り」 喜多川歌麿 
  
寛政年間(17891800東京国立博物館所蔵
「勢州鰒取ノ図」歌川国貞
  天保初期(18301832頃)三重県立博物館所蔵

「龍宮玉取姫之図」 歌川国芳 
  嘉永6年(1853)山口県立萩美術館・浦上記念館所蔵

「三重県水産図説」 鮑漁蜑婦之図 
  明治14年(1881)海の博物館所蔵

            など絵図31点、絵葉書28点


 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2:海女さんの道具
       とる工夫、とりすぎない工夫


海女の道具にはさまざまな工夫があります。
              全国の海女道具127点
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
3:海で働く海女さん
       苦労を笑い飛ばす顔


志摩・輪島(石川県)海女顔写真52点
          撮影:海人写真家 古谷千佳子

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
4:各地の海女さん
       異なる海の環境

輪島の海女  石川県輪島市
大浦の海女  山口県長門
阿部の海女  徳島県美波町
房総の海女  千葉県南房総市・千倉町・
       御宿町・いすみ市

三国の海女
 (東尋坊の海女、
       雄島の海女ともいう)福井県坂井市
大分の海女  大分県大分市、
       臼杵市、鶴見町

壱岐・対馬の海女 
       長崎県壱岐市、対馬市

鐘崎の海女 
 福岡県宗像市、北九州市
志摩の海女  三重県鳥羽市・志摩市
済州島の海女 
韓国済州道

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
浮世絵 海女海女の漁獲物 海女の笑顔済州島の海女




●同時開催
岩瀬禎之写真展『海女の群像〜御宿の海女』 
会期 2011年10年1日〜12月25日
場所 海の博物館 フォトギャラリー

 御宿の海女 岩瀬禎之

 千葉は外房御宿の海女たちの健康美の姿をとらえた貴重な記録写真。
 昭和初期から40年余りにわたり撮り続けたという労作。
 内閣総理大臣賞、国際サロン入選作品収録

 

 岩瀬禎之プロフィール
 明治37年 千葉県御宿町生まれ
 大正13年 明治大学法科卒業
 昭和32年 毎日新聞社主催日本写真美術展において
      「海女の群像」が内閣総理大臣賞に入選

 平成13年 97歳で没す

海女サミット内容はこちら → http://www.city.toba.mie.jp/kikaku/ama/amasummit2011.html

 

【問合せ・ご予約】
海の博物館TEL:0599−32−6006  FAX:0599−32−5581