海と志摩の文化案内人~海の博物館・・・海女海道(伊勢志摩国立公園パールロード)の憩いの空間
三重県鳥羽市浦村町大吉1731-68 TEL0599-32-6006
開館時間9:00~17:00(最終入館16:30)/船の収蔵庫見学16時まで
カフェあらみ 営業時間10:00~16:00
火曜日定休
休館日
6月26日~30日12月26日~30日
 
  海の博物館は、「海民(かいみん)」と呼ばれる漁師さん・船乗り・海女そして海辺に住む人が、
  海と親しく付き合ってきた歴史と現在、さらに未来をみなさまに伝える『海と人間』の博物館です。
海の博物館の建築 SEA-FOLK MUSEUM志摩半島・熊野灘・伊勢湾の民俗資料 Woodenboat
磯や干潟の生きもの観察 Environmental of the sea 海洋教育海女 国崎 御潜神事 海女文化 
 
ミュージアムキャラクター 海女ちゃん
 ミュージアムキャラクター 
     海女ちゃん

海の道具が6万点 MATERIAL所蔵資料
ホンモノいっぱいEXHIBITION展示
内藤廣の建築空間ARCHITECTURE建築
海の元気印「海女」AMA DIVER(WOMAN DIVER)海女
命の海を守ろうSAVE OUR SEA SOS運動 
海の不思議を体験ACTIVITY体験メニュー 
オリジナルグッズがそろう MUSEUMSHOPミュージアムショップ 
海を味わうメニューCAFEARAMIカフェあらみ 
学校団体SCHOOL 
ご利用案内INFORMATION
シンポジウム・講演会 SYMPOSIUM
ユース&サポートメンバー 
 
 
 ←館内マップ pdf.1M
 ←博物館のあゆみ
海の博物館パンフレット pdf.2M
英語ENGLISH 
 
 
 
ご入館割引ページあり! 
 
 
 
 

海の文化保存振興募金のお願い
海の博物館は厳しい現状にあり、館を維持していくために皆さまからの募金を募っております。少しでも多くの方々にご協力いただければ幸いです。
募金応諾書

 サイトポリシー
展示紹介ビデオ
onepercentfortheplanet 
海の博物館防災マップ避難ルート1
海の博物館防災マップ避難ルート2 
 鳥羽市ハザードマップ
 
海女 ムメさん 
 

鳥羽志摩の海女 三重県無形民俗文化財指定!
海の博物館は日本の「海女」文化をユネスコ世界無形文化遺産に
登録する運動を進めています。
 最新ニュース
 ●特別体験講座&イベント! ご予約お待ちしております。
      9月
  19日村林新吾先生のお魚料理教室「魚のおろし方」
  クラフト体験実施日 9/20~23.26.27
    10月 
  4日サメの骨でアクセサリー作り 
  8日鳥羽の日!どこよりも早い浦村牡蠣解禁美味しく提供!プロのミュージシャンにより演奏もあり!
 17日サメではんぺんを作ろう!
 
    11月
 22日講演会「サメのふしぎを探る」講師:田中彰(東海大学海洋学部教授)
 17日博物館と水族館で、サメのなぞとき探検隊
 
●海の博物館特別展&写真展 

特別展
「漁とくらしの道具~動かすチカラどう変わった?」
「漁とくらしの道具~動かすチカラどう変わった?
2015年6月12日~2015年9月6日


ギャラリー
企画展「海を編む、美を編む~新田恭子作品展
企画展「海を編む、美を編む       
       ~いわきの海と新田恭子作品展」
2015年7月5日~2015年9月6日

次回特別展

「サメはこわい?         
おいしい?役に立つ?

2015年9月12日~2016年1月11日

      

次回ギャラリー
ブライアンミラー 韓国のヘニョと日本の海女
写真展「韓国のヘニョと日本の海女」
          ブライアン・ミラー
2015年9月12日~11月29日

     
 
 
 
●「うなぎのぬいぐるみ」入荷しました!
  オリジナルうなぎカゴも商品化。
  合わせていかがですか?
  うなぎのぬいぐるみ  750円
  うなぎカゴ      1000円
  
うなぎのぬいぐるみ 
●鳥羽で神様の食文化にふれる (神饌・熨斗あわびつくり展示)
●「海女が伝える貝紫染め」


海の博物館紹介ビデオ 
 
夏休み「ろこぎ」体験
 
アマモ場の観察会
 
     
     

 

海の博物館 公益財団法人 東海水産科学協会
〒517-0025 三重県鳥羽市浦村町大吉1731-68

TEL(0599)32-6006 FAX(0599)32-5581

Copyright:TOBA SEA-FOLK MUSEUM